フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私(INO)の記事は公開後も成長 | トップページ | ロボット考(2)大ロボット博で「鉄腕アトムの設計図」を入手 »

2008年1月26日 (土)

映画「母べえ」を観てきました!

   ―吉永小百合の好演を評価するも―080126031 080126042

亀さんは、映画「母(かあ)べえ」を、その公開初日の26日、夫婦でワーナーマイカル浦和美園に行って、観てきました。

①この映画が川口市で撮影されたこと(注1)や②母べえ(野上佳代)を演じる吉永小百合が、亀さんたちのサユリスト世代のマドンナであり、また、原爆詩朗読を通じて広島に縁があることや③父べえ(野上滋氏=坂東三津五郎)が広島出身者であること等から、広島出身者であり川口市に住む亀さんとしては、是非見ておかなければいけないと思ったからです。

この映画は、第二次世界大戦(支那事変~太平洋戦争)にかけての時代に、反戦を唱えた大学教授の夫(父べえ)を治安維持法で逮捕された家族の生きざまや絶望的な時代を懸命に生きた人々の思いを、丁寧に描いたものです。

家族の愛や母親の強さや人と人の絆などが山田洋次監督の手で見事に描かれ、吉永小百合が力強く生きる母べい役を見事に演じ、その引出し役として、父べいの教え子の山崎徹役の浅野忠信や母べいの叔父の藤岡仙吉役の笑福亭鶴瓶が味を出している。

しかし、亀さんの感想としては、期待感が大きかっただけに、多少失望しました。すなわち、映画の主題が①家族愛や母親の強さにあるのか、②反戦・言論の自由にあるのかが、不明確であり、劇場プログラムに「混迷する現代を生きるすべての日本人へ贈るメッセージ」(注2)と書いてある(9頁)が、①に比べて②の描き方には何となく物足らなさを感じました。

もっとも、老いた母べえが亡くなる直前に虫の声で、「(父べえに)あの世でなんか会いたくない。生きている父べえに会いたい」という部分は、戦争の悲惨さを強く感じさせ、亀さんもつい涙を流してしまった。

この場面については、映画評論家の吉野英夫氏は、「ここに本作の思いが集約される。反戦平和を声高に叫ぶのではなく、しかし無残な戦争を拒否する山田の決意がある。」(注3)と言われている(劇場プログラム64頁)ので、山田監督自身が反戦の表現をこの程度で良いと考えられているのかもしれない。(記入者:亀さん)

(注1)吉永小百合さんがかつて映画「キューポラのある町」の主演をしたことを縁にして、その舞台であった川口市で撮影された。
(注2)「母べい 劇場プログラム」
(注3)原作者の野上照代さん(照べえ)も、インタビュアー(劇場プログラム70頁)で、「反戦を、声高に謳う映画でなく、静かな語り口で、問いかけてきます。」と言うインタビュアーに「それが山田監督作品の大きな特徴です。」と同意されいる。

« 私(INO)の記事は公開後も成長 | トップページ | ロボット考(2)大ロボット博で「鉄腕アトムの設計図」を入手 »

コメント

いつもアケビを見に来ていただきありがとうございます。姑の介護がありまったくブログ更新していませんでした。今でもアケビまなっています。昨秋はとても沢山 その前は何か虫が付いたみたいで小さな実の内にポロポロ落ちて 七つ位しかなりませんでした。我が家は二種類のアケビがあります。結実にはブルーベリーと同じく別の種類が欲しいそうです。 近所の方は、それがわかってから我が家の垣根に花が咲くと雄花だけ持って行き自分の家の雌花に付けています。角館方面はとてもお料理によく使うそうです。

TBありがとうございました。

「母べえ」の記事早速読ませていただきました。

トラックバックありがとうございました。大阪のモクモクと言います。日本映画やテレビドラマを中心に感想をアップしています。これからもよろしくお願いします。

>akebihanaさんへ
亀さんちのアケビは、結局、6~7個の実を収穫しました。現在、三つ葉アケビも五つ葉アケビも葉っぱを落として冬芽だけです。
3月になれば花芽などが出てくるのでしょうが・・・。
今年は、去年以上の収穫を期しています。

>ともちゅわんさんへ
コメント、有難うございます。
「陰日向に咲く」を見られたようですね。
亀さんは、モデルになった人を知っている「マリと子犬の物語」も見ていなかったので、そちらも見たかったのですが、公開初日の「母べえ」にしました。
「陰日向に咲く」は隣りのスクリーンで上映していました。

>MOKUMOKU さんへ
コメント、有難うございました。
MOKUMOKU の言われるように、家族の愛情や母べえの強さは良く描けており、笑福亭鶴瓶の演じた「奈良のおじさん」がこの映画にピリッとした味を加えていたと思います。しかし、平和への思いは少しぼけていたような気がします。
でも、これは、それぞれの受け取り方ですかね?

  トラバありがとうございました。
試写逃しましたが、一見の価値あり
の映画のようなので、時間繰り合わせて
劇場に行こうと思います。

>ぼちぼちコアラ さんへ
亀さんたちのブログへのコメント、有難う!
亀さんたちのブログは、同じ高校同期卒の団塊世代、還暦オトコ3人組が共同で運営しています。テーマは一定していませんが、頑張っていますので、時々覗いてみてください。

初めまして。トラックバックありがとうございます。
ふざけたような文章ですが、何だか嬉しいです。

これからちょくちょくお邪魔させて頂きます!

こんにちは
 トラックバックありがとうございます。
 最近、邦画の勢いがあり、ついつい見てしまうんですよねぇ。
これからもどうぞよろしく!

>イエロウさんへ
コメント、有難う!
亀さんたちのブログは、同じ高校同期卒の団塊世代、還暦オトコ、3人組が共同で運営しています。
コンセプトが一定しませんが、頑張っていますので、時々覗いて下さいね!

>Jilsovao さんへ
コメント、有難うございます。
本当に最近は邦画も良いものが多いですね。
でも、「母べえ」は少し期待はずれでした。期待感が大きすぎたのですかね?
なお、亀さんたちのブログは、同じ高校同期卒の団塊世代、還暦オトコ、3人組が共同で運営しています。コンセプトが一定しませんが、頑張っていますので、時々覗いて下さいね!

TBありがとうございました。

>rock-c さんへ
コメント、有難うございます。
rock-c さんのブログはヘッドの絵が素敵で、いいですね。
亀さんにとって、「母べえ」は、期待感が強すぎたためか、若干期待はずれでした。
なお、rock-c さんは1000円の料金のことを書かれていましたが、最近は、60歳以上や50歳以上の夫婦の場合、大体どこでも1000円ですよ。
亀さんも、還暦ですから1000円のくちです。(性格には、インターネットで予約しているので、1100円です。)年配者にとっては、このくらいの料金だと手頃なんですよ。

亀さんへ
コメントありがとうございます。またヘッドのお褒め、うれしゅうござります。
しかし¥1000の件、本当に疑問なんですよ、どうしてこんなに安いのでしよう?安いにこしたことないですけどね。ではまた

> rock-cさんへ
1000円については、色々な考え方がありますね。
シネマコンプレックスは、高齢者や女性の割引が多く、若者には不合理に感じるかもしれませんね。
亀さんが思うには、「映画を安くして、客をひきつけ、ショッピングセンターで買物をさせて、儲ける」「小金を持っている高齢者に買物をさせる」という、営業戦略で、営業側は映画料金だけで考えてはいないのでは・・・とも感じますよ。(考えすぎかな?)

こんにちは。TBありがとうございました。
私も同世代です。よろしくお願いします。

さて、亀さんのご不満点についてですが、山田洋次という監督は、常に庶民のささやかな生活の哀歓を描いて来た作家で、あからさまなテーマを正面に打ち出すタイプの人ではありません。
母べえ、父べえ、子供たちのつましい生活ぶりを丹念に描く事で、その幸せをぶち壊してしまうものに対する、静かな怒りを湛えた映画になっているのです。
母べえも、一言も戦争反対とは言ってません。じっと、悲しみに耐えてます。
ラストの、父べえとの幸せな生活を返して欲しい…という最期の言葉が、山田作品としては珍しい感情のほとばしりになってますし、戸田恵子(照べえ)の演技指導にちょっと違和感はありますが、全体として私は、いかにも山田洋次らしい作りだと納得しました。

> Keiさんへ
懇切なコメント、有難うございました。
映画の見方として、色々あっていいと思っています。
亀さんとしては、家族愛・母親の力強さ感じ、この部分には感動しました。
亀さんが言いたかったのは、「反戦平和」映画として、ある政党系の団体が割引券を配布していたりするのを見て、「反戦平和映画であれば、もっといいのがあるぞ!」ということなのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/17855242

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「母べえ」を観てきました!:

» 母べえ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:山田洋次 キャスト:吉永小百合       浅野忠信       檀れい       志田未来       佐藤未来       坂東三津五郎[10代目]       中村梅之助[4代目] 、他... [続きを読む]

» 母べえ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
混迷の時代を明るく懸命に生き抜いた母の物語。日本はもう、この「母」を忘れている__。 1940(昭和15)年の東京。野上家の父・滋(坂東三津五郎)と母・佳代(吉永小百合)、娘の初子(志田未来)と照美(佐藤未来)は、互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「....... [続きを読む]

» 「母べえ」自由のない時代でも信じる思想を通して信じ合った強い絆の家族愛 [オールマイティにコメンテート]
「母べえ」は野上照代さん原作、山田洋次監督作品で、太平洋戦争へ突入する前の1940年から太平洋戦争へ突入した1942年を中心に父べえが治安維持法違反で検挙されて帰りを待つ母べえら家族とその知人と親戚の絆を描いたストーリーである。当時戦争に突き進んだ日本の...... [続きを読む]

» 「母べえ」 [てんびんthe LIFE]
「母べえ」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 チラシやポスターをみたときに母親役が吉永小百合さま…、子供はまだ小学生じゃん、ちょっとやばいか? なんて突っ込んでしまったのですが、それは小百合さまを女優ではなく60代の熟女と決め付けてしまったからです。 最近の小百合さまのインタビューで「女優に年齢はない」という言葉に納得。 まあ、その前にそういったことは感じていたのですが、やっぱり画面を見ると小百合さまは熟女ではなくて女優です。 とにかく美しい小百合さま。 山田洋次監督は泣かせのツボをも... [続きを読む]

» 母べえ [ともみの言いたい放題♪]
昨秋に予告映像を見てから、ずっと楽しみにしてました・・・ [続きを読む]

» 『母べえ』初日舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『SP』の岡田准一、『篤姫』の宮崎あおいの『陰日向に咲く』と晴海通りを挟んで、舞台挨拶2本立てを計画していたが、ジャニーズファンの恐るべき猛攻によりチケット瞬殺オクでも万単位で取引されていたので、泣く泣く1本のみ(爆)山田洋次監督と完成披露で握手したのは、....... [続きを読む]

» 「母べえ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「母べえ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、佐藤未来、戸田恵子、笑福亭鶴瓶、中村梅之助、坂東三津五郎、他 *監督:山田洋次 *原作:野上照代 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログ..... [続きを読む]

» 母べえ [Akira's VOICE]
叫ばなくとも強烈に響く「戦争反対」の声。 [続きを読む]

» 「母べえ」 第4位 [映画コンサルタント日記]
上映スクリーン数: 326  オープニング土日興収: 1.65億円吉永小百合主演 [続きを読む]

» ★「母べえ」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人も、超若く見えるOVER60・・・... [続きを読む]

» 「母べえ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・松竹/監督:山田 洋次) 黒澤明監督のスクリプターを長く務めた野上照代さんの自伝ノンフィクション「父へのレクイエム」を元に、戦前・戦中・戦後を生きた家族の物語を、日本... [続きを読む]

» 母べえ [ケントのたそがれ劇場]
★★★  平日の昼間だというのに、館内はほぼ満員状態。一体どうなっているのだ。よく見ると、年配のカップルばかりである。 そりゃあそうだよな、若い人は働いている時間帯だものね。それにこの古いテーマの映画を若い人が観るはずもない。        太平洋戦争の直... [続きを読む]

» 母べえ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開 「人に指をさしちゃいけません!」・・・て、これよく言われたなぁ〜、ウチの母べえに。 はい、これはどこを切っても山田洋次監督作品でございます!!! そして、全国のサユリストが萌える作品でございます!!! ううん、良いのですよぉ、とってもね、なんか昭和のほのぼのした匂いがする。 母べえの姿に泣けました。 これね、原作者は、あ... [続きを読む]

» 「母べえ」を観る [紫@試写会マニア]
流石、山田洋次監督作品。映像が美しく、無駄がない。独特の清々しくも品のある、吉永小百合・主演「母べえ」を観てきました。 参加した試写会はいつものそれと違って、平均年齢がかなり高い感じ。正直なんで呼ばれたかちょっと不思議な(!!)感じもするくらい。上映中の空気も以前「鉄道員(ぽっぽや)」を見た時に感じた雰囲気と同じでした。 同じといえば、邦画作品で主役に品位やけれん味のない演技を求める時、俳優=高倉健さん、女優=吉永小百合さん、って方程式が成り立って久しい。いい加減に後続の、いや追い抜く位の俳... [続きを読む]

» 母べえ 08013 [猫姫じゃ]
母べえ 2008年   山田洋次 監督  野上照代 原作吉永小百合 浅野忠信 檀れい 志田未来 佐藤未来 坂東三津五郎 笑福亭鶴瓶 中村梅之助 ATOK 偉い! つるべ、一発変換ですね。 婆べえ、とか言う陰口も聞こえますが、なんのなんの、吉永小百合さん、お若い...... [続きを読む]

» 映画:母べえ 試写会 [駒吉の日記]
母べえ 試写会(よみうりホール) 「呼び名のあとに”べえ”とつける奇妙な習慣の家だった」 戦前から開戦まで。思想犯として逮捕された夫・父、身を案じ、周囲からも距離を距離をおかれる不安な日々。 どんな悪いことをしたのか、悪法も法なのか。 吉永小百合さん、考... [続きを読む]

» 『母(かあ)べえ』鑑賞レビュー! [★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!]
『母(かあ)べえ』鑑賞レビュー! 下の画像をクリックで やや、大きめのサイズで ご覧になれます! ↓↓↓↓ P.S. 大滝秀治さんは老体に鞭打って お元気な演技でした 自転車の二人乗りでも 落ちない程の運動神経は ご立派です....。 笑福亭鶴瓶さんのキャストは 『〜べぇ』繋がりだったんですか? ・・・( ̄▽ ̄;)ま、いっか!? 第58回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門正式出品作 2008年 日本 公開日::::200... [続きを読む]

» 【母べえ】 [日々のつぶやき]
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、浅野忠信、壇れい、坂東三津五郎、志田未来、佐藤未来、戸田恵子、笑福亭鶴瓶 予想していたよりも良かったです! 「昭和15年野上家、父べえと母べえと娘二人の幸せな暮しがある朝突然奪われた。父の滋はドイツ文学者で治安維持... [続きを読む]

» 「母べえ」〜感想その1〜 [foxbase alpha]
今年の方針として、話題作だから/ヒットしてるから/巨匠だからとかいう理由で、興味 [続きを読む]

» 母べえ 笑福亭鶴瓶 【アンチエイジング日記】 [母べえ 笑福亭鶴瓶 【アンチエイジング日記】 ]
「母べえ」での時代背景を見ているうち、笑福亭鶴瓶の演じる関西人のおじさんが目に止まりました。藤岡仙吉というおっさんが、母と娘2人若くて美人の叔母(投獄された父べえの妹 檀れい)のいる家族に突然現れ、迷惑がられながら数日を過ごして関西へ去っていく、... [続きを読む]

» 母べえ [Tak.Arai の 今夜もナローマインド!]
上映時間: 132分監督: 山田洋次 プロデューサー: 深澤宏 / 矢島孝 原作: 野上照代 脚本: 山田洋次 / 平松恵美子 音楽: 冨田勲 キャスト: 吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、佐藤未来、笹野高史、でんでん、神戸浩、近藤公... [続きを読む]

» 映画感想&星取り表≪母べえ≫ [キネマ徒然草]
昨日になりますが、映画を観てきました。 ≪母べえ≫≪陰日向に咲く≫の邦画2本です。 共に言いたいことが山程あった映画なので、2回に分けて書きます。 今回は≪母べえ≫を取り上げます。 b≪母べえ≫/b★★ 山田洋次監督 吉永小百合主演 ★の数は2つにしたんですが(理由は後述します)、bはっきり言いましょう。/b bfont color=red..... [続きを読む]

» 母と『母べえ』鑑賞♪ [たーくん'sシネマカフェ]
東京の金券ショップでみつけた「母べえ」の前売券850円で購入(元々千円)去年の春は母と「東京タワー オカンとボクと時々オトン」鑑賞。今回は母と「母べえ」鑑賞♪(C)2007「母べえ」製作委員会監督:脚本:山田洋次原作:野上照代 脚本:平松恵美子 音楽:冨...... [続きを読む]

« 私(INO)の記事は公開後も成長 | トップページ | ロボット考(2)大ロボット博で「鉄腕アトムの設計図」を入手 »