フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« トレーニングしながら人力発電の妙案! | トップページ | 桜田通りは和製「シャンゼリゼ通り」!? »

2007年5月10日 (木)

秩父の神社の狛犬はオオカミ!

   ―秩父のオオカミ信仰―

07042221320704222184070430166 秩父の山歩きをして気がつくことは、秩父地方の神社の狛犬がオオカミであることです。亀さんが4月に行った釜伏山の釜山神社(写真上)や武甲山御嶽神社一の鳥居にあった狛犬(写真左)は明らかにオオカミでした。

山岳講師の説明によると、日本武尊(やまとたけるのみこと)(注)が東征の帰路、奥秩父の山々を越え、三峰神社にイザナギノミコト、イザナミノミコトの両神を祀ったときに、山犬(又は白いオオカミ)が現れ、道案内をしたり、山火事から日本武尊を救い出したという伝説に基づいて、オオカミ(神犬)信仰が生れ、三峰神社、両神神社(里宮・奥社)、城峯神社、宝登山神社奥社などの秩父地方の神社では、狛犬がオオカミとなっているようです。
(東京の中野区の氷川神社の狛犬もオオカミのようですが、)秩父地方特有の信仰のようです。
ただ、この山岳講師の説明を聞いて、「イサナギ」、「イザナミ」、「日本武尊(の東征)」って誰(何)?という人が多かったようでした。太平洋戦争前のように古事記や日本書紀に書いてあることを「歴史」として教育するのは問題がありますが、昔から伝わってきた神話や伝説や民話が忘れていくのは悲しいことだと思います。(記入者:亀さん)

(注)景行天皇の皇子、仲哀天皇の父とされる、日本神話の英雄で、2世紀頃に存在したとされているが、実際は、4~5、6世紀の大和の複数の英雄を具現化した架空の人物とも。

参考)秩父地方のオオカミ信仰:http://homepage3.nifty.com/~gekka/o_sinko.htm、秩父オオカミ巡り:http://www.asahi-net.or.jp/~dw7y-szk/chichibu1.htmhttp://www.asahi-net.or.jp/~dw7y-szk/chichibu2.htm

« トレーニングしながら人力発電の妙案! | トップページ | 桜田通りは和製「シャンゼリゼ通り」!? »

コメント

なるほど~。そうなんですねぇ。
『日本武尊』の白いオオカミの話は
今 読んでいて思い出しました。
その程度ですm(__)m

>福寿草。さんへ
実を言うと、亀さんも、昔、読んだきりですから、今回勉強しなおしたんですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/15017728

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父の神社の狛犬はオオカミ!:

» モンサンミッシェルの旅行ガイド [フランス旅行ガイド|モンサンミッシェルの魅力]
GWも終わって次の旅行計画を立ててがんばってみましょう [続きを読む]

« トレーニングしながら人力発電の妙案! | トップページ | 桜田通りは和製「シャンゼリゼ通り」!? »