フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 箱根登山鉄道から見た新緑 | トップページ | 日本三奇橋の「猿橋」を訪ねて »

2007年5月 5日 (土)

箱根仙石原の5月の花(箱根湿生花園)

--蛙も鶯も聞こえる緑と花の楽園--

5月連休に家内と箱根仙石原に小旅行した。箱根仙石原は美しい自然に加えて、数年前から各種美術館等(箱根ガラスの森、星の王子様ミュージアム、ポーラ美術館、箱根ラリック美術館)が出来て、楽しみが多い地区となっている。

その中でも、仙石原での我々夫婦の最大の楽しみは、箱根湿生花園の美しい緑と花を見ながらの散策である。一年を通じて、広大な湿原に季節の花々が咲いており、毎年一回以上は夫婦で行っている。私は花の種類も名前も殆ど判らないが、家内は大変に詳しい。園の中には「花別の説明板」ならびに「季節や種類別に花を体系的に説明した案内板」が設置されているので、聞いたり見たりして花の勉強が出来るのも楽しい。大袈裟かもしれないが湿生花園の花を見ながら散策すると生きている喜びを感じる。  箱根湿生花園のHP⇒ http://www.hakone.or.jp/shissei/

ところで、我がブログの相棒である亀さんは花に詳しいようなので、湿生花園の珍しい花を家内に教えてもらって、亀さんの自慢の知識にも無いと思われる花を2点ほど紹介する。それは、次の写真の中にあるが、名前は1)ヒマラヤと湿生花園にしか無い「ヒマラヤの青いケシ」、2)葉の上に小さな船頭が乗っている「花筏(はないかだ)」である。亀さんの回答を待ちたい。    (記; INO)

                                                                      

<湿生花園の5月の花々>

湿生花園の正門、花筏の葉、花筏の説明板、湿生花園の散策路、池に咲いた水芭蕉、池、清冽な湧き水が流れる小川、散策路から山を望む、山芍薬、花盗禁止の看板、コマクサ、エーデルワイス、ヒマラヤの青いケシ、水芭蕉、雪餅草、青いケシの説明板、箱根登山鉄道(宮ノ下駅)、驚いたことに八重桜満開。 注意:仙石原は東京に比べて気温が数度?低いようで、花の時期が多少遅い

2007_0504_110828_1 2007_0504_112502 2007_0504_112520 2007_0504_113010 2007_0504_113312 2007_0504_113454 2007_0504_113611 2007_0504_114635 2007_0504_115722 2007_0504_115859 2007_0504_120125 2007_0504_120157 2007_0504_120334 2007_0504_120346 2007_0504_120428

2007_0504_112009

2007_0503_160018_3 2007_0504_123003_1

« 箱根登山鉄道から見た新緑 | トップページ | 日本三奇橋の「猿橋」を訪ねて »

コメント

INOさん、いい女房孝行をしていますね。色々な植物ときれいな景色をありがとう。
INOさんの挑発に乗ってお答えすると、ヒマラヤの青いけしは勿論知らない。
しかし、ハナイカダは奥多摩の山々にもあり、昨年、花の咲いているときに1回、実のなった状態を2回(6月と7月)見ました。花のときの写真はピンボケで失敗でしたが、実の状態の写真はバッチリ撮っています。
ただ、山の植物には、名前や説明が書いてないので(アタリマエ?)、ハナイカダの実が「船頭」と見立てられているとは知りませんでしたよ(言われてみれば当然そうですよね。)。

亀さん、早速コメントを有難う。楽しい旅行をしてきました。亀さんも奥様と山登りなどを楽しまれたと思います。
ところで、花筏の実を船頭と呼んだのは、私が勝手に名付けしたのですが、花筏の名前から類推して多分間違いないと思います。  (INO)

皆さん 奥様孝行で羨ましい限りです。
お天気も良かったみたいで。。。
楽しい旅行だったようですね♪
緑と素敵な花に癒されながらの旅だった様子が
たくさんの画像から想像できます。
私も行ったみたいな感じで拝見しました。
素敵な画像ありがとうございます♪

福寿草さん
コメント有難うございます。
私の住んでいる場所からは箱根が近いわけですが、福寿草さんの近くにも風景や花が美しい場所がきっとあると思います。本当に、自然の美しさは心を癒し楽しませてくれますね。

ご訪問ありがとうございました。
ヒマラヤの青いケシは私も浜松フラワーパークで見ました。ハナイカダは雌雄別株で、雄株は数個の雄花をつけますが、雌株はほとんど1個の雌花しかつけません。つまり、花が数人乗っているのが雄株で、一人乗りが雌株なんです。 じつは私も最近勉強しました。

http://blog.livedoor.jp/inple21/archives/50936650.html

Rocky03030さん
花筏の雄株、雌株は知りませんでした。すると、私の写真は一人乗りだから雌株ですね。草木花も奥が深いですね。新しい知識を有難うございました。(INO)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/14956587

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根仙石原の5月の花(箱根湿生花園):

» 足柄下郡箱根町の箱根二十湯-仙石原 [足柄下郡箱根町をエグル!]
足柄下郡箱根町の箱根二十湯-仙石原いつもコメント・トラバ・ランキングへ応援有難うございます。足柄下郡箱根町をエグル!@ほーぶんたろうです。足柄下郡箱根町の箱根二十湯-仙石原★仙石原の歴史★仙石原で温泉が利用され始めたのは、元文元年(1736)ごろで、大涌谷から引き湯されましたが、湯量が少なく、あまり利用されなかったといわれています。本格的な利用は明治時代になってからだそうです。仙石原温泉は、大涌谷からの引き湯によって、上湯、下湯が開け、元湯、俵石と続きました。その後、温泉造成...... [続きを読む]

« 箱根登山鉄道から見た新緑 | トップページ | 日本三奇橋の「猿橋」を訪ねて »