フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本三奇橋の「猿橋」を訪ねて | トップページ | トレーニングしながら人力発電の妙案! »

2007年5月 7日 (月)

ペットの黒豚はかわいい!?

  ―黒豚くん、イオン浦和美園SCを闊歩!―070505101

連休中に買い物をするために、近くのイオン浦和美園SCに行きました。GWの期間中のためか、いつもより人出が少ないようでした。

このSCは、入口に動物病院が、また、専門店街にはペットショップがあり、ペットの立ち入り自体も区域的な制限はあるものの許されています。だから、犬を連れた買物客と会うことは珍しくはありません。

しかし、その日、亀さんの前を歩いているペットは犬ではありません。よく見ると、黒豚(ミニブタ)です。近代的なSCの中を豚が闊歩することは想像だにしませんでしたので、ビックリしました。(十二支で言えば、犬の次は猪(中国では豚)で、今年の干支は猪(豚)ですから、ペットも犬の次に豚が登場してもおかしくないかとも思いますが・・・。)

それを連れているカップルに「豚を飼っているんですか?」と聞いたら、逆に、「可愛いでしょう!」と同意を求められました。亀さんが「犬が可愛いからというので飼っている人は多いけど、豚も飼って可愛いですか?」ともう一度聞いたら、「僕らにはとっては犬と同じように可愛いんですよ!」との答え。
亀さんは、豚さんを飼う気はありませんが、確かに「可愛い」と感じ、この可愛い豚さんの写真を撮らせてもらいました。
(記入者:亀さん)

070505123_1070505134_1写真)上:飼い主と黒豚君、下左:買い物客に頭を撫でてもらう黒豚君、下右:飼い主に引かれて帰る黒豚君

« 日本三奇橋の「猿橋」を訪ねて | トップページ | トレーニングしながら人力発電の妙案! »

コメント

あれ!亀さん初めて見ましたか?
私も見た事ないけど( ´艸`)ムププ
以前TVで言っていましたから。。。
普通に犬と同じ様に飼っているってw((´ω`))w
もしかすると埼玉って言っていたから、その方かも
知れませんね。
まさか!『美味しそう!』なんて言っていないでしょうね( ´艸`)ムププ

>福寿草。さんへ
飼い主は、若い男性で、奥さんか恋人らしき若い女性と一緒でした。
飼い主は、豚さんを心から可愛がっているようでした。

TBありがとうございます☆
犬と一緒・・私はそうは思いませんけどねぇ(^^;
(この飼い主がそうだと言うんではありませんが、一般論で言えば、)ファッション感覚で飼って大きくなったら捨てなければいいのですが。
結構多いんですorz捨て豚・・(;;)

> miwa さんへ
ミニ豚も実際は大きくなるらしいですね。
ミニチュアダックスフンドのような小型犬と同じ感覚で飼っていると、いずれ持て余すことになるかも知れませんね。
犬でも猫でもそして豚でも飼うからには、事前にちゃんと調べ、生涯面倒をみる決心をして飼い始めて欲しいものです。
亀さんが会った飼い主がちゃんとした決心をしている人であることを信じたいと思います。

 こんにちは、写真のミニブタ『さくらじま』の飼い主です。たまたま、ブログの書き込みを見させていただきとても、残念な気持ちになりましたのであえて、書き込みをさせていただきます。

 私は、このミニブタ『さくらじま』の飼育について、飼育環境から餌の量、週1回のお風呂に散歩の仕方、予防接種などについて、ミニブタ飼育の先輩方のアドバイス及び書籍、勉強会などにも足を運び、細心の注意と工夫を尽くしております。書き込みのような無責任な飼い主のように言われるのは心外であります。ブログ中のような犬と同じ感覚でなどの発言は一切しておりませんし、ミニブタを飼ってみたいと聞かれた時は、平均で45キロを超えるペットであること、さらに本気の方には連絡先も伝え誠実に対応いるつもりです。

 当方は、このイオン浦和美園店のすぐ近くに住んでおりミニブタは、お散歩を嫌がるとの情報をもとに小さい時からイオン内のドッグカフェでクッキーを食べさせる習慣付けをし、今では喜び走りいさんで散歩して元気に育ってくれています。確かにミニブタがSCに現れるとたくさんの人に声をかけられます。かわいいと言われれば飼い主としては悪い気はしません。しかし、快く写真撮影にお応えしたにもかかわらず、『目立ちたがり屋』呼ばわりはあまりにも、貧しい見解悲しく思いました。

 これとて日頃、購入先のペットショップのオーナーさんと相談をしてのことなのですが、ミニブタは犬以上に性格の個体差があるとのこと、人に噛み付いたり、部屋中を荒らしたり・・・そんな状況を防ぐ為にも、人慣れをさせて温和に育てることが大事とのアドバイスを受け実践しております。おかげでうちの『さくらじま』は大変おとなしく、お座り お手おかわり 待て を覚え、飼い主もびっくりするほど順調に育っております。(現在1歳4ヶ月)
 
 長々とクレームのようなコメントを書かせていただきましたが、写真入りで個人が特定できるブログを運営されている以上、お気持ちを察しっていただきたくコメントさせていただきました。今後もステキな写真いっぱいの楽しいブログ運営を望みます。

>ブタの父さんへ
的確なコメント、有難うございました。
亀さんは、豚に驚き、可愛いと思って、ブログに書いたのが真意で、決して「ブタの父」さんを非難するつもりはありませんでした。
しかし、亀さんの聞き間違いや不十分な取材によって、結果として不正確なブログになり、また、それをもとにしたコメントやそれに対する亀さんの応答が豚の飼育についての「ブタの父」の真摯な気持に反するものとなったことを率直にお詫び申し上げます。
「ブタの父」さんのご指摘を踏まえて、ブログの本文、コメント及びそれに対する亀さんの応答を直ちに修正いたしました。
ブログ本文を含めて削除することも考えましたが、そうすると、「ブタの父」さんの真剣な姿勢に基づくコメントまで消すことになるので、修文という方法にしました。
この修正で不十分であれば、なお、もう一度修正するつもりがありますので、「ブタの父」さんのお考えをお聞かせ下さい。

 さっそくのご回答ならびにご対応をしていただきありがとうございました。
 私自身では、ブログというものは基本的には「日記」であり個人的見解を自由に書けるものであって表現の自由が尊重されてよい物であると考えていました。
 しかし、「場所 写真 ミニブタ」のキーワードから完全に個人を特定できるものであった点。ブログの性格上、不特定多数の方が閲覧し書き込みができる点から、多少不愉快な感情があったことを率直に指摘させていただきました。

 修正点に関しては、もうなにも問題ありません。逆に修正していただくのが本意ではなかったので、せっかく、日頃楽しく運営されているブログでしょうから、自分の書き込みが残ることによって汚してしまうようで申し訳ないです。削除していただいて結構ですよ。
 大衆意識とか日本人的といいますか、マイナスな文章には、マイナスな意見が集まるものであると思います。不特定な方からの書き込みがある以上、管理人の方に気をつけていただかなければ、防ぎようがないことだと思いました。今後の参考にしていただければ幸いです。

 若輩が、ダラダラと沢山、生意気を書き連ねてしまってすいませんでした。今後、このブログがいっそう盛り上がっていくことを祈念致します。
 浦和美園イオンには、本当に頻繁に出現しますので、また、発見の際はお気軽にお声がけくださいね。

>ブタの父さんへ
亀さんの姿勢が理解され、嬉しい気持です。
今回のことを一つの教訓にしたいと思います。
その意味から、ブタの父さんのご指摘と亀さんの対応は削除せず、このままにしたいと思います。
また、浦和美園イオンでお会いしたら、必ず声を掛けますので、よろしく。
ついでに亀さんたちの自己紹介をしますと、このブログは、広島の同じ高校を卒業して上京し、40年たった、団塊世代の還暦オトコ3人組が共同で運営しています。楽しいブログにしたいと思いますので、時々覗いてみてください。

ヾ(;´Д`Aすみませんが、sign01( ^ω^ )
ミニ豚をペットで飼いたいのですが、どこで買えるのか教えて頂けないでしょうか??いこのあいだ、ミニ豚を探しに出かけたのですが情報
だけしか拾えませんでした。。。
どうか教えてください。。。

>亀川さくらさんへ
せっかくのご照会ですが、亀さんもその情報は持ち合わせておりません。このブログに書いた豚さんの飼い主の方とも最近お会いしませんので、その方に尋ねることも出来ません。
ただ、インターネットで「ミニ豚 購入」と入力して検索すると、幾つかヒットしますよ。
なお、亀さんたちのブログは、同じ高校同期卒の団塊世代3人組が共同で運営しています。頑張っていますので、たまに覘いて見てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/14967515

この記事へのトラックバック一覧です: ペットの黒豚はかわいい!?:

» 沖縄ブランド黒琉豚(あぐー血統) [ダイエット食品@ダイエット食品情報館]
               沖縄ブランド黒琉豚(あぐー血統)の写真です。この黒琉豚(こくりゅうとん)の写真は、まだ青年の若い黒豚です。どんどん写真とかも載せていきますので楽しんで下さい。沖縄宝島は、健康食の宝庫です。    ...... [続きを読む]

« 日本三奇橋の「猿橋」を訪ねて | トップページ | トレーニングしながら人力発電の妙案! »