フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブログTV | トップページ | 今年初めての「おたまじゃくし」 »

2007年4月22日 (日)

桜の花から藤の花へ

 ―八重のサクラ・フジ・ハナミズキなど―070421142070421163

最近の東京は、すっきりした晴れの日が少なく、暖かくなったり、寒くなったりと、気候が安定していませんが、その間でも、花の季節は、確実に移っています。亀さんは、家の近くの花の季節の変化を写真に撮ってきました。

桜もソメイヨシノが既に散り、八重の桜(多分、普賢象?)が満開になり散り始めました。また、街路樹も、コブシの花からハナミズキの花に変わり、柳やイチョウの街路樹は新緑の葉を出し始めました。

亀さんの近所のお宅や遊歩道の藤棚のフジの花ももうじき満開になりそうです。フジの薄紫色の花は、桜の「若々しさ」に対して「大人の女性の気品」を感じさせます。

このほか、一重や八重のヤマブキが黄色い花をつけ、ツツジが赤やピンクの花をつけています。珍しいところでは、ある病院の玄関の植え込みに赤いマンサクの花が咲いていました。(記入者:亀さん)

(写真上) 近所のお宅のフジの花、(写真下、順に)八重の桜(普賢象?)、ピンクのハナミズキ、白いハナミズキ、赤いマンサク

070421082_1070421032070421052070421102   

« ブログTV | トップページ | 今年初めての「おたまじゃくし」 »

コメント

こんばんは♪
季節は確かに移っていますね。
ハナミズキ 本当に綺麗で最近はあっち、こっちで
見かけますね。
そうそう 昨日両親のお墓参りに行ったのですが
藤の花が綺麗に咲いていたのを見て優しい気持ちになりました。 
大人の女性の気品さを持ちたいですねぇ。

>福寿草。さんへ
小さい頃には、街路樹はイチョウやポプラや柳だったのに、最近は、コブシやハナミズキなど花の咲く樹も多くなりました。
とにかく、昔は、仕事に追い回されて周辺の花にも殆ど関心が無かった亀さんが花に興味を持つようになったのは、最近始めた趣味(登山とブログ)のお蔭です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/14800252

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の花から藤の花へ:

« ブログTV | トップページ | 今年初めての「おたまじゃくし」 »