フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 桜の花から藤の花へ | トップページ | いろいろなスミレ »

2007年4月24日 (火)

今年初めての「おたまじゃくし」

  ―奥秩父の水田で発見!―070422106

22日の日曜日に奥秩父の山歩きをしました。

スタート地点の集落の水田は、田植えに向けて「代掻き」を終え、水を張ってありました。

その田んぼをよく見ると、沢山の小さな「おたまじゃくし」が元気に泳いでいました。

亀さんは、「蛙のたまごはあるかな?」という感じで、田んぼを覗いたのですが、暖かさのせいか、もう「おたまじゃくし」になっていました。

亀さんが「田んぼのおたまじゃくし」を見たのは、多分、約30年ぶりだと思います。日本の農村には、春の風物詩がまだ残っていることを知り、ホッとしました。(記入者:亀さん)

« 桜の花から藤の花へ | トップページ | いろいろなスミレ »

コメント

今晩は♪
田んぼは、もう代掻きしているんですね。
おたまじゃくし。。。そう言われてみれば見ていないなぁ~。
子供の頃 おたまじゃくしを取ってきたりしていたけど その後どうしていたかしら?
かえるのたまごも最近見ませんねぇ。
タニシの赤いのはよく見ますが。。。

>福寿草。さんへ
亀さんも、池などでウシガエルの大きなおたまじゃくしを見たことは最近でもあるのですが、田んぼのおたまじゃくしは久しぶりでした。
ウシガエルの鳴き声は気持悪いけど、殿様ガエルやアマガエルの鳴き声はいいものです。余り多いとうるさいけど・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/14827632

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初めての「おたまじゃくし」:

« 桜の花から藤の花へ | トップページ | いろいろなスミレ »