フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「つくしんぼ通信」No.4 | トップページ | 亀さんの確定申告 »

2007年3月 8日 (木)

『男たちの大和』と戦艦大和の造られた呉市

 ―「大和ミュージアム」の隣りに

              「てつのくじら館」、4月にオープン!―

最近、亀さんが「戦艦大和の造られた都市」の出身です」と言ったら、「尾道ですか?」と問われた。(多少ショック!) 相手の人は、映画『男たちの大和』を見て以来松山ケンイチのファンになったという人でした。『男たちの大和』での戦艦大和ロケセットが尾道市(旧向島町)に造られ、映画はそのセットと呉市の「大和ミュージアム」にある戦艦大和の10分の1模型が合成されて映像化されたので、呉より尾道の方が印象に残ったのでしょう。

しかし、戦艦「大和」は、昭和16(1941)年12月、呉海軍工廠(海軍直轄の工場)で、当時の最先端技術の集大成でありながら極秘裏に建造された世界最大の戦艦です。「大和ミュージアム」では、この事実と技術的な面を詳しく展示・解説していて、亀さんも故郷に帰ったときに何度か行ったことがあります。

呉市の呉港は、戦前は海軍の軍港として、戦後は海上自衛隊の基地として有名で、多くの自衛艦のほか我が国の潜水艦の過半が係留されています。

その関係で、大和ミュージアム」の隣りに、海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」が4月5日にオープンし、本物の潜水艦の乗船体験が出来るようになります。

「大和ミュージアム」、「てつのくじら館」に加えて、対岸の江田島市の元の海軍兵学校や広島市の原爆資料館を見て、戦争と平和について考える旅はいかがでしょうか。(記入者:亀さん)

(参照)大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)http://yamato.kure-city.jp/ 、海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」:http://www.jmsdf-kure-museum.jp/、戦艦大和の故郷(和田フォトギャラリーHP):http://wadaphoto.jp/japan/yamato0.htm

(写真は左から「大和ミュージアム」の戦艦大和の十分の一模型、呉地域ロケ地マップ、海上自衛隊呉史料館「050816252てつのくじら館」070307022070307031

« 「つくしんぼ通信」No.4 | トップページ | 亀さんの確定申告 »

コメント

TBありがとう。
ひとつの巡回地になっているんですね。
亡くなった父が、海軍で、呉のほうにも何年かいたようです。
生きていれば、一緒にそのコースを歩きたいなあ、と思いました。

>kimion20002000さんへ
呉に居られたお父さんは亡くなられたようですが、是非一度来てみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/14183894

この記事へのトラックバック一覧です: 『男たちの大和』と戦艦大和の造られた呉市:

» 男たちの大和/YAMATO [欧風]
「男たちの大和 YAMATO」は17日から公開なんですが、この映画や [続きを読む]

» 「男たちの大和/YAMATO」 [the borderland ]
10~11月頃、梅田のチケット屋でこの映画の前売が叩き売りされてました。2ヶ月以上もまえなのに、どこの店でも1300円の店はないぐらいで不思議に思っていたのですが、角川社長が勝負かけてたんですね。→関連記事 私も、もちろん800円で購入しました(^^; 小学校の図書館で太平洋戦争の本を読み漁って、プラモも作ったことがあるし、戦艦大和には思い入れがあります。当時は「人の死」や「戦争の悲惨さ」というものに対して、頭では判っても現実感のないものだったから、戦艦や戦闘機の格好良さにしか目がいってなかっ... [続きを読む]

» 鉄道模型 鉄道模型ニュース [鉄道模型 鉄道模型ニュース]
鉄道模型ニュース [続きを読む]

» 男たちの大和/YAMATO [Extremelife]
辺見じゅんのノンフィクションを「敦煌」の佐藤純彌監督が映画化した戦争スペクタクル・ドラマ。昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。およそ6億円をかけて大和の原寸大のセットが組まれ、大きな話題に。反町隆史と中村獅...... [続きを読む]

» 男たちの大和/YAMATO(DVD) [ひるめし。]
守り抜くと、誓った。死なないでと、祈った。 [続きを読む]

» 男たちの大和 YAMATO [タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌]
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 145分 監督 佐藤純彌 原作 辺見じゅん 脚本 佐藤純彌 音楽 久石譲 出演 反町隆史 、中村獅童 、鈴木京香 、松山ケンイチ (allcinema ONLINE) 解説: 1945年、東シナ海沖に沈没した伝説の戦艦大和を辺見じゅ...... [続きを読む]

» 男たちの大和 YAMATO (2005) [oga.のこだわり]
 九州の枕崎の漁港。内田真貴子(鈴木京香)は戦艦大和の沈んでいる地点へ連れて行ってくれる漁船を探すが、ことごとく断られる。実は彼の育ての父(中村獅童)は大和の乗組員の生き残りで、最近亡くなったという。たのみを聞き入れたのは同じく元乗組員の神尾克己(仲代達矢)だった。彼は内田の名前を聞き、当時の思い出を語り始める…  戦後60周年記念大作で、角川春樹プロデューサーの復帰作。出演者は他に反町隆史、松山ケンイチ、蒼井優、渡哲也、奥田瑛二、余貴美子、渡辺大といったそうそうたる顔ぶれで、実物大の大和のセ... [続きを読む]

» 男たちの大和  [映画や本を淡々と語る]
ただただ、大和が撃沈された 北緯30度43分、東経128度4分 の海上で敬礼あるのみ [続きを読む]

» 映画 男たちの大和/YAMATO [musi-k ~ムジーク]
内田真貴子(鈴木京香)は呉の大和ミュージアムを訪れ、大和が眠る海へ向かう為、鹿児島県・枕崎に向かう。真貴子は漁協に船を出すように懇願するが断られる。そこに老漁師の神尾(仲代達矢)が居合わせ、様々な思いから小さな漁船で大和が沈没した地点に向かう。 神尾は真貴..... [続きを読む]

» 男たちの大和/YAMATO [メルブロ]
男たちの大和/YAMATO 上映時間 2時間25分 監督 佐藤純彌 出演 反町隆史 中村獅童 鈴木京香 松山ケンイチ 評価 9点(10点満点)  新橋の金券ショップ街で900円で売っていたので迷わず購入。そして本日渋谷に見に行った。    やはり客層は年配の方が多かっ....... [続きを読む]

» 『男たちの大和/YAMATO』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]     2005/12/17公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 迫力度[:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:][:ダイヤ:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】佐藤純彌 【脚本】佐藤純彌 【音楽】 久石譲 【主題歌】長渕剛 『CLOSE YOUR EYES』 【原作】辺見じゅん 『決定版 男たちの大和』(ハルキ文庫刊) 【出演】 反町隆史/中村獅童/鈴木京香/松山ケン... [続きを読む]

« 「つくしんぼ通信」No.4 | トップページ | 亀さんの確定申告 »