フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 私の想い出の曲(その1)1950年代 | トップページ | 『定年オヤジのしつけ方』を読んで »

2007年2月 4日 (日)

東国原英夫知事の挨拶状

  ―頑張れ、宮崎県!―

Chiji_photo070203 

先日、宮崎県の入札談合事件による前知事の辞職に伴う宮崎県知事選で、「そのまんま東」氏が当選し、東国原英夫知事が誕生した。

当選直後から同氏のインタビューを聞き、同氏のマニフェストを読み返し、就任後県政の課題に奔走する姿を見て、「ただのタレント知事ではないのでは…」と感じる今日この頃です。アメリカでは、俳優の経歴をもつロナルド・レーガン氏が第40代大統領に、また、アーノルド・シュワルツェネッガー氏がカリフォルニア州知事に選ばれていることや日本でも(元)タレントが国会議員に選出される例は与野党ともにあり、「(元)タレント」であることだけで、知事としての適性を議論することはナンセンスである。

その東国原英夫知事から亀さんに知事就任の挨拶状が届きました。(亀さんが若い頃4年間宮崎県で働いていた縁で挨拶状を頂いたのだと思います。)

いま、「宮崎県」というブランドは、地域格差問題に加えて、前知事の不祥事で地に落ち、そして今回は鳥インフルエンザの多発で絶体絶命のピンチです。今は、済んでしまった知事選の際の立場にこだわっている時ではありません。東国原知事が先頭に立って、県庁、県議会、県民が心を一つにこの難局を乗り切ることこそが大切です。

亀さんは、若い頃過ごした宮崎県がフェニックスのように飛躍することを心から祈り、精一杯の応援の声を張り上げたい。

なお、知事選での対立候補の官僚OBを副知事に起用することには、色々な意見があるが、県政界の対立解消や県民の一体化のためには大変いいことではないかと思う。(安倍内閣でも総裁選の対立候補の麻生氏が外務大臣で入閣しており、国政レベルでは対立候補の起用自体は珍しいことではない。)

(記入者:亀さん)

« 私の想い出の曲(その1)1950年代 | トップページ | 『定年オヤジのしつけ方』を読んで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/13781128

この記事へのトラックバック一覧です: 東国原英夫知事の挨拶状:

» ショック!?元妻かとうかず子「復縁ない」東知事がっくり。 [話題の仰天時事ニュース]
宮崎県の東国原(ひがしこくばる)英夫(そのまんま東)知事(49)の元妻で女優のかとうかず子さん(48)が2日、日本テレビ系の生番組「スッキリ!!」(前8時)に出演し、知事との復縁について「1年前に離婚しておりますから、ないです」と、きっぱり否定した。当選後、かとうさんが知事に触れたのは初めて。  昨年2月に「お互いの未来の方向性や生き方・考え方に相違点」との理由から離婚した2人。当選直後、知事は「(復縁に)協力�... [続きを読む]

» そのまんま東 (そのまんまひがし) 【芸能人 有名人ブログバンキング 】 [芸能人 有名人ブログバンキング]
そのまんま東 (そのまんまひがし) 本名:東国原英夫現宮崎県知事。元タレント。作家。1980年、専修大学経済学部経済学科卒。1957年9月16日生まれ。宮崎県都城市出身。元・オフィス北野所属。2007年1月21日に行なわれた宮崎県知事選挙に当選し、歴代(公...... [続きを読む]

« 私の想い出の曲(その1)1950年代 | トップページ | 『定年オヤジのしつけ方』を読んで »