フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« インターネットとブログの素晴らしさ | トップページ | ☆ お知らせ事項 ☆ »

2007年1月30日 (火)

日本の歌百選と団塊の世代の青春時代の歌

―鐘が鳴る丘、いつでも夢を・高校三年生、

     グループサウンズ・フォークソング…―

Hotaka31_201_2 文化庁が1月14日、「親子で歌いつごう 日本の歌百選」を発表(注1)。世代間の断絶や人間関係の希薄化などの風潮を心配した河合隼雄同庁長官が発案。選ばれたのは101曲(なぜ100曲ではないの?)。戦前からの文部省唱歌、童謡が多いが、戦後の曲も歌謡曲を含め38選ばれている(注2)

まず、“役所が選んだ歌を親と一緒に歌わなくても、一緒にカラオケに行くことが出来ればいいのでは…”というのが亀さんの最初の感想

次に、亀さんは、百選に選ばれた歌を見ながら、自分自身の歌の歴史を回顧した。

亀さんの生まれた年代は、ラジオ、蓄音機、映画で歌を聴く。特に、NHKラジオの「歌のおばさん」(安西愛子)はよく聴いた。百選には、唱歌で「朝はどこから」、「みかんの花咲く丘」(以上、昭21)、「花の街」(22)が、歌謡曲で並木路子の「リンゴの唄」(2010)が選ばれているが、亀さんは小さい頃は選外の「鐘の鳴る丘(とんがり帽子)(22)や「青い山脈」(24)の方が好きだった。また、戦後NHKラジオが「みんなのうた」で放送した「ゆりかごの歌」(10)は幼稚園の学芸会で独唱した(注3)

中学・高校時代は、朝ラジオで吉永小百合・橋幸夫「いつでも夢を」(37)などを聴いて汽車通学をしたが、この頃からTVの普及でより多くの流行歌が作られ、TVで歌を覚えた。TVの「ロッテ歌のアルバム」や「ザ・ヒットパレード」はよく見た。昭和38年には、「こんにちは赤ちゃん」(梓みちよ)、「見上げてごらん夜の星を」(坂本九)が浩宮(現皇太子)殿下誕生、経済復興への希望という世相を反映して流行した。TVの宇宙中継(衛星中継)でケネディ暗殺のニュースを見る直前には「高校三年生」(舟木一夫)を歌っていたように記憶している。

大学時代は、グループサウンズとフォークソングの最盛期。アルバイトと勉強で歌どころでなかった?が、たまに、学園紛争の集会やデモに行ってフォーク・反戦歌を歌い、酒を飲むと「帰って来たヨッパライ」(フォーク・クルセイダーズ、昭43。百選選外)叫んでいたかな?

社会人の新人の頃は、真面目さを売るために?、「四季の歌」(芹洋子、昭47)や「知床旅情」(森繁久弥、昭46。百選選外)を歌っていたかな?

そんな青春もあった、団塊世代の亀さんです。

今は、ipodにAyuの曲が一杯の亀さん(注4)も当時は、「赤い風船」(48、もちろん、百選選外)を音痴で歌う淺田美代子がちょっとカワイイ!と思っていたかな?(記入者:亀さん)

(注1) http://www.uta100sen.jp/

(注2)亀さんの調査。戦後のものは、NHKのラジオ歌謡や「みんなのうた」の歌が多く採用されているが、歌謡曲・流行歌も18曲が選ばれ、坂本九の「上を向いて歩こう」(36)、中島みゆきの「時代」(50)、山口百恵の「秋桜」(52)、美空ひばりの「川の流れのように」(63)のほか、SMAPの「世界に一つだけの花」(15)、森山良子や夏川りみ等の「涙そうそう」(12)など最近の歌も選ばれている。これ以外に、NHKのみんなのうたで放送したものを流行歌手が歌ったものが4曲や戦前の歌であるが、「大きな古時計」、「ゆりかごのうた」のように、NHKの「みんなのうた」等にとりあげられ、戦後流行したものもある。

なお、坂本九の3曲、山口百恵、森山良子の2曲が目立つ。フォークグループ・赤い鳥の「翼をください」が選ばれているが、フォークソングとして選んだかどうかは疑問。

(注3) 「リンゴの唄」はGHQ検閲第1号で、戦後の解放感と不安にマッチして大流行した。「朝はどこから」、「花の街」のいずれも戦後復興を願って作られ、また、「鐘の鳴る丘」は戦争で親を亡くした浮浪者がたくましく成長する姿を歌ったもの。

(注4) http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_cac9.html

(写真は、左が長野県安曇野市穂高にある鐘の鳴る丘のモデル、右が映画「青い山脈」(東宝等、昭24、出演:原節子、杉葉子等)の一場面)

« インターネットとブログの素晴らしさ | トップページ | ☆ お知らせ事項 ☆ »

コメント

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
「朝はどこから」の歌もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

>kemukemuさんへ
初めてのコメント、有難うございます。
亀さんも、「朝はどこから」は知っています。ただし、昭和21年生れなので、学校で習ったのではなく、また、「ラジオ歌謡」を聴いていた記憶もないので、どこで聴いて覚えてのか分かりません。
ただ、当時、唱歌や歌謡曲をラジオでよく聴いていたので、多分ラジオからであろうと思います。
なお、亀さんたちのブログは、同じ広島県内の高校を同期に卒業した、団塊世代の還暦オトコ・3人組が共同で運営しています。是非また、訪ねてきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/13710627

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の歌百選と団塊の世代の青春時代の歌:

» 「日本の歌百選」発表 by.文化庁 [丼 BLOG]
文化庁で募集していた「日本の歌百選」が決まったみたいです。 http://www... [続きを読む]

« インターネットとブログの素晴らしさ | トップページ | ☆ お知らせ事項 ☆ »