フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 遅れる「霜の花」の開花 | トップページ | 東京タワー、霞ヶ関ビル、国会周辺の歩道 »

2007年1月26日 (金)

給食費滞納に想う!

     ―団塊世代の学校給食の思い出―

自前のアルミの食器、コッペパン・脱脂粉乳・鯨肉・肝油ドロップ Kyusyoku

「給食費滞納9万9000人」「原因の6割『親のモラル』」などと小中学校の学校給食費の滞納が問題化しているとの新聞記事(注1)を読んで、亀さんたち団塊世代の学校給食はどうだったか、記憶を呼び起こしてみました。

亀さんの住んでいた町では、学校給食は小学校だけで、中学校にはありませんでした。

食器は自前のアルミの皿1枚、椀2個と箸を「給食袋」に入れ、それをランドセルに吊して、ガチャガチャ鳴らしながら通学します。

給食時間になると、みんなから選ばれた給食係(白いエプロン・頭巾・マスクを着用)が調理室から教室へ大きな箱に入ったコッペパン、バケツに入った脱脂粉乳とおかずを運んでくる。他の人は机の上に自分の食器を並べて待っています。そして、給食係がみんなに配り、先生と一緒に食べます。

今でこそ、米飯給食もあるが、当時はパンが近代的ということで、ホットドックロールに似た「コッペパン」。塗るのはマーガリン(みんなは「バター」と言っていた)かジャム。スライス食パンは6年生の時からで週1回。

みんなに嫌われたのは、米国の援助物資の「脱脂粉乳」(注2。スキムミルク)。みんな、不味く臭くても、栄養があるからと言って鼻をつまんで飲んだ(注3)。亀さんは、ヤギの乳よりは美味しいと思って飲みました。

おかずは、魚介類や野菜・豆・芋類の煮物が主力で、肉はあまり出ず、時たまに出るのは当時安かった鯨の肉か魚肉ソーセージ亀さんが「人間の食べ物でない」と駄々をこねたのは、「おから」。亀さんはウサギの餌にしていましたので。

デザートはなし。デザートにミカンやリンゴやヨーグルトが出るのは、亀さんたちが卒業してから。そうそう! 金が払った人にだけ、「肝油ゼリー(ドロップ)」が1個配られ、美味しそうにデザートとして食べました。

給食代は、月1回、袋に入れて先生に渡す。期日までに持って行かないと、みんなの面前で先生が注意するので、誰が滞納しているかがすぐ分かった。また、生活保護家庭等貧しい人は免除されていましたが、誰が免除されているのかもすぐ分かりました。

当時は、みんながおおらかで、肝油について差別的だという話もなく、みんなの面前で先生が給食費を督促しても個人情報漏洩などとは言われない時代でした。

(注1)「doc0701251503430001.pdf」をダウンロード

(注2)脱脂粉乳が援助物資に決定した経緯等は次の資料に詳しい。

http://homepage3.nifty.com/ksmansaku/site1/zatsuji_20011222.html 

(注3)脱脂粉乳が牛乳に比べて不味いというのではない。だって、一般家庭では、牛乳など殆ど飲んだことはなく、かなり豊かな亀さんちですら、毎朝、近所の農家からヤギの乳を買って飲むのが贅沢だったくらいだ。

(記入者:亀さん)      Shasin3

Kan

« 遅れる「霜の花」の開花 | トップページ | 東京タワー、霞ヶ関ビル、国会周辺の歩道 »

コメント

亀さん さん

こんばんは。

コメントありがとうございます。

3名での共同なんですか!
ぜひとも頑張ってくださいね!

還暦ということですから、人生の大先輩です。今後ともご指導どうぞ宜しくお願いします。

この給食費未納問題に関しては、我々団塊ジュニアと呼ばれる年代のモラル低下が要因なので、お恥ずかしい限りです。

教育再生は、親の世代の教育も必要ですね。

>感動創造さんへ
コメント、ありがとう!
亀さんたちは、それぞれが理科系・文科系人間、仕事も民間(技術系・総務経理系)&官庁と異なる人間ですが、H県の高校同期卒の気の合う仲間です。
団塊ジュニアの問題は、会社人間であった団塊世代がどのように家族と接してきたかということの結果であると感じています。
だからこそ、団塊世代の責任で改革しなければいけないのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/13659443

この記事へのトラックバック一覧です: 給食費滞納に想う!:

« 遅れる「霜の花」の開花 | トップページ | 東京タワー、霞ヶ関ビル、国会周辺の歩道 »