フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« トランジスタと私は同い歳 !! | トップページ | 豚の貯金箱と広島カープ »

2007年1月21日 (日)

映画「硫黄島からの手紙」を見ました!

     ―「散るぞ悲しき」と「硫黄島からの手紙」―    

0701212312_4070121208_2 先日、梯久美子「散るぞ悲しき」について、読後感想を書いたら、何人かの方から、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見るように勧められました。

そこで、先日書いたイオン浦和美園SCの中にあるシネマコンプレックスの「ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園」に見に行きました。ここは、11のスクリーン(座席数2087)で、同時に17本の映画を上映し、駐車料金も4時間無料という便利さです。しかも全席指定で、亀さんは60歳以上ということで、僅か1000円でした。

映画は、渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童の好演もあって、いい映画であったが・・・というところですが、映画を見る前に亀さんが心配していた「散るぞ悲しき」で出来上がったイメージが壊れるということはありませんでした。(順番としては、映画を見てから、その後で「散るぞ悲しき」を読んだ方がいいでしょう。)

言い換えると、栗林中将の全人格的なものは「散るぞ悲しき」ほど描き切れていなかった思います。むしろ、一般兵士・西郷役の二宮、元憲兵・清水役の加瀬、バロン西役の伊原が栗林中将を取り巻く人間として、味が出ていた感じました。

既に公開・上映が終わっている「父親たちの星条旗」も見てみたい思いました。(記入者:亀さん)

(ワーナー0701212032_3・マイカル・シネマズ浦和070121209_2美園の風景)

 

« トランジスタと私は同い歳 !! | トップページ | 豚の貯金箱と広島カープ »

コメント

こんばんは。はじめましてカヌです。
亀さん、コメントありがとうございます。
「散るぞ悲しき」は読んでないのですが、映画の方は、アメリカ軍が苦戦したと感じるほど栗林中将の采配や軍人としての面は描かれていませんでしたね。
ただ、硫黄島2部作は両方とも、兵士から見た視点がメインのように思えるので仕方ないのではないかと感じました。
機会があれば、本も読ませてもらいます。

カヌさんへ
コメント、TBありがとう!
是非、「散るぞ悲しき」を読んでみてください。

私は、加瀬さんの演じた憲兵を首になった男のことが印象に残りました。
 彼は、周防監督の「それでもボクはやってない」で主演しています。
 電車の中での痴漢行為の犯人とされた青年を描いたドラマだそうですが、見てみたいと思っています。

まろさんへ
確かにそうですね。なんとなく、渡辺謙は描くべき点が多く、描ききれていなかったようですね。「散るぞ悲しき」を読んで補うしかないと思います。
亀さんも、機会を見て、周防監督の「それでもボクはやってない」を見たいと思います。

亀さん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
TBしようと思ったのにできませんでした。
同じココログ同士なのになんででしょう?
「硫黄島からの手紙」の原作本は別に「散るぞ悲しき」ではないので栗林中将の描き方が足りないのは仕方ないと思います。どちらかというと「父親たちの星条旗」の原作本に書かれてた日本軍のエピソードをアレンジしたシーンが多かったような・・・。
ところで「文芸春秋2月号」に「検証 栗林中将衝撃の最期 」という特集があって梯久美子さんが色々述べられてます。栗林中将の死は本当に謎なのですね。だとすれば「硫黄島~」の結末は映画らしい創作でありイーストウッド監督の手腕のすばらしさを改めて感じました。

>あさこさんへ
コメントありがとう!
栗林中将に関しては、梯久美子著「散るぞ悲しき」で補充せざるを得ないですね。
亀さんは、「父親達の星条旗」を見ていないので、機会があったらみようとおもいます。
TBに関しては、亀さんもココログ同士でできなかったことがあります。ドウシテナンデショウ?

こんばんは♪
TBありがとうございました。
ご夫婦で鑑賞なさったのですね。
『散るぞ悲しき』を読むと、栗林中将の人となりのイメージが出来上がってしまっているので、映画ではちょっと物足りなく感じてしまいました。
もちろん謙さんは好演だったと思いますけれど。
『父親達の~』も是非ごらんくださいね!

>ミチさんへ
私達のブログへのコメント、TBありがとう!
同感です。この映画で、栗林中将は描ききれていなかったと思います。彼を取り巻く人達がいきいきと演じていたと思います。
「父親達の星条旗」は機会を見つけて是非見ようと思います。
それにしても、ミチさんの雑記帳へのコメント、TBはすごいですね。
私たちのブログにもいいコメントが多く来て欲しいと願っています。

亀さん、こんばんは☆
TBありがとうございます。コチラからうまく貼れないみたいなのでコメントで失礼します!

亀さんおすすめの「散るぞ悲しき」読んでみようかな。そしてミチさんもおススメの「父親達の星条旗」ぜひぜひ♪

またよろしくお願いします!

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。
 よろしくお願いします◎

 「散るぞ悲しき」を先に読まれていたんですね。
 私は未読なので、そのうち読んでみようかな。

 映画は、イーストウッド監督の視点に
 敬服という感じでした。

 役者さん、皆頑張ってましたね。
 私的には、加瀬さんが印象に残りました。

>きららさんへ
「散るぞ悲しき」を読むと、「硫黄島からの手紙」がもっと理解できるので、是非!
「父親達の星条旗」は必ず見ます!
私達のブログは、団塊の世代の還暦オトコ3人でやっています。3人の共通テーマが一定していませんが、時々覗くと面白いと思います。
また覗いてコメントしてください!

>miyukichiさんへ
TB&コメントありがとうございます!
私的には二宮君かな?(還暦オトコには「私的」は苦しい!)
最初、亀さんは「硫黄島からの手紙」を見ないつもリで、「散るぞ悲しき」を見たので、映画が後になりました。
結果的には、その順序が良かったと思います。

今晩は! 昨夜のTBに引き続き、今日はコメントも付けて下さって有難うございました♪ TBのみの方へはどうしてもTBだけのお返しになってしまうので失礼致しました(^^;)
仲良く3人の方でブログ運営されていらっしゃるとは!? 楽しそうですね(^^)
私のブログでは、同じ趣味を持つブログ同士、TBを飛ばし合うだけではなく、お互いの感想をきちんと読んで、意見の交換が出来るようなお付き合いが理想と考えておりますのでその点ご理解頂ければと思っております。
私も小学館文庫の「玉砕指揮官の絵手紙」と文芸春秋社刊の「栗林忠道 硫黄島からの手紙」を映画鑑賞後に読みましたが、時間の制約がある映画の中で、ちょっとした台詞の端々に栗林中将のとてもナイーヴで家族想いの人となりが良く出ているなと思いました。
今後ともよろしくお願い致します。

初めまして!
TBありがとうございました。
こちらからのTBが反映されないようで申し訳ありません。
私は『散るぞ悲しき』を読んでから映画を観ました。本で栗林中将への思い入れが深くなったので、映画での栗林中将の描き方には、もっと深みを。。。と感じましたが、渡辺謙さんはじめ役者の方々は皆素晴らしい演技をしていたと思います。何より映画をきっかけに初めて硫黄島での出来事を知る機会を得たので、イーストウッド監督には感謝の気持ちが湧いてきました。

きのこです。TB他有難うございます。
散るぞ悲しき」も「星条旗」も見ていない片手落ち以上の状態で見ましたが、残るものが重くて、久しぶりに山本七平の「私の中の日本軍」その他を引っ張り出して読んだらますます考え込んでしまいました。早く「星条旗」観たい!この作品がアメリカ映画だということに感服します。(米での動員数は振るわないようですが)
団塊世代の男性3人ブログって、なかなか心惹かれますね~。今後ともよろしく。

>由香さんへ
コメント、ありがとう!
亀さんも、梯久美子「散るぞ悲しき」を読んで見たので、映画は栗林中将の人間性やその生き様は描ききれていないように感じました。むしろ、その周辺の人物の方がよく描けていたと思います。でも、全体としては、いい映画でしたね。
なぜ、日本人の監督や日本映画界は、このような映画を創れないのでしょうかね?

>マダムSさんへ
コメント、ありがとう!
TBの交換だけではどうかと思い、コメントも送っていますが、ブログ初心者にとっては大変です。でも、できる限りそうしようと思います。今後とも宜しく!

>きのこさんへ
TBに続き、コメントまでありがとう!
「父親達の星条旗」は亀さんも是非見たいと思います。それにしても、日本の映画界はどうしてこのような映画を作れないのでしょうかね?
なお、「片手落ち」という言葉は差別用語だというグループもあるので、亀さんは使わないようにしています。老婆心ながら。(筒井康隆氏?は「言葉狩り」に反発して一時期休筆していましたが、そんな元気もないので。)

亀さん、丁寧なご指摘有難うございます。なんとも感じないでこれまであちこちで使っていた自分の感性を恥ずかしく思います。今後もいろいろ教えて下さい。それでは。

亀さん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございます♪
硫黄島での激戦に関しては、
真っ先に栗林中将の名前が挙がりますが、
この映画だけを見ると、栗林中将は脇役で
主人公は二宮クン?などと思えてしまいます(苦笑)。
これもやはりジャニーズの力によるものなんでしょうかねぇ…。
栗林中将だけに焦点を絞って描かれていたら、
もう少し異なる雰囲気になっていたかもしれませんよね。

>Aki1031さんへ
明晰なコメント、感服します。
渡辺謙を差し置いて二宮和也が主役とは…
ナリホド!納得!
亀さんは、「二宮和也はいい俳優だね。何か映画の賞を貰うだろうね」と女房に言ったら、「ジャニーズだから全員辞退よ」と言われ、初めてジャニーズだと知った団塊・還暦オトコです…。トホホホホ…。
でも、彼はジャニーズの力ではなく、才能があり、ジャニーズを卒業して俳優をメインで行くといいと思います。過大評価?!

亀さん、はじめまして。
わざわざコメントを頂き、ありがとうございます♪
『散るぞ悲しき』は栗林中将についての本のようですね(無知ですみません・・・)
映画では、私もどちらかというと二宮くんが主役・・・と思いました。
現代の私たちにも共感しやすい役でしたので。
3人でブログを運営されているのですね。
何だか素敵です。
またよろしくお願いします☆

>Sallyさんへ
コメント、ありがとう!
Aki1031さんにも言ったように二宮君はいい味を出していたので、主役並の働きをしていたと思います。
梯久美子著「散るぞ悲しき」は是非読んでください。
また私達のブログに来てください!!

こんばんは、初めまして。
TBありがとうございました。
この映画が上映される日にテレビで「硫黄島の郵便配達」が放映されたのですが、そちらも感動物でした。
その後、図書館で「散るぞ悲しき」も借りて読んでみました。
硫黄島には、いまだ日本に帰れない魂が多くあります。何とか日本に帰らせてあげたいですね。

>MIYAUCHIさんへ
コメント、有難うございます。
現在の日本の映画界がこのような作品を作れないことに不甲斐なさを感じます。
ところで、馬球管理人さんとMIYAUCHIさんは同じブログを共同運営されているのですか?同一の人ですか?
というのは、亀さんたちのブログは、団塊世代の還暦オトコ3人の共同運営なのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/13603532

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「硫黄島からの手紙」を見ました!:

» 「硫黄島からの手紙」 [the borderland ]
続編となれば、一緒に撮影されていても、1年は待たされるのが当然と言っていい。だから「デスノート」が半年ほどで上映されたのは画期的だと思ってました。(観てないよー) そして、この硫黄島2部作は、続編ではないけれども、「父親たちの星条旗」の印象が強く残ってる1ヶ月後に観れることが何よりも嬉しい。日米双方からの視点は、偏った正義を振りかざすようなこともなく、1兵士の立場から戦争の膿を出すかのような冷静だが力強い作品だったと思います。 予告編で泣きそうになったので、タオルハンカチ持参で鑑賞してきました(... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [It's a Wonderful Life]
「父親達の星条旗」の感想で、「敵=日本」というのを 意識しないような作り方に驚いたと書きましたが、 やはりアメリカ人兵士は物語にほとんど登場せず、 あくまでも日本兵たちの描写に終始する作品。 もし何も知らずにたまたまこの映画を観た方がいたら、 純然...... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [++オレンジ色の空++]
*硫黄島からの手紙(米LETTERS from IWO JIMA) 12月9日日本公開 12月20日全米公開 クリント・イーストウッド監督作品 プレビューを観た事もなかったのでこの映画の存在を知りませんでしたが、たまたま映画... [続きを読む]

» 映画「硫黄島からの手紙」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を振るう上官を戒めながら、とにかく自分の足で歩き、自分の目で見て、作戦を立てる。苦しい食糧事情から、自らも一兵卒と同じだけの食事しか取らないという態度を通す。定石... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙(2006年) [勝手に映画評]
タイトル 硫黄島からの手紙 ---感想--- 『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。 『父親たちの星条旗』と同様、映画は色をかなり押さえ気味。うっかりすると、モノトーンかとも思ってしまうかも。また、映像もリアル。銃撃されるシー�... [続きを読む]

» ■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます! 私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。私がひとつだけわかったことは、この作品が事実だということ、そしてその事実を発表する....... [続きを読む]

» 『硫黄島からの手紙』 [Brilliant Days ]
イーストウッド様、手紙、確かに受け取りました・・・ クリント・イーストウッドが世界に贈るヒューマンドラマ硫黄島2部作の第二部! (第一部は『父親たちの星条旗』感想はコチラ) 一般公開初日に鑑賞して参りました! 12/6発表のナショナル・ボード・オブ・レビュー..... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [Akira's VOICE]
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [Yuhiの読書日記+α]
 先日、ゴールデングローブ賞の外国語作品賞を受賞した、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見てきました。第二次世界大戦中に起きた硫黄島での戦いを、日本側の視点で描いた作品です。 戦争ものは苦手だったのですが、「父親たちの星条旗」を見たので、絶対に見に行こうと思っていました。  アメリカ側視点の「父親たちの星条旗」でも、かなり凄惨な戦闘シーンがありましたけど、やはり「硫黄島からの手紙... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [メゾン・ド・キノコ]
先週末ですが、今年初めて映画館へ行きました。 他に見たいものも何本かありましたが、どうしても「硫黄島からの手紙」にしたかったのには色々理由もあるのですが・・・。 新聞その他で異様なまでに誉められていて、「これまでの戦争映画の中で一番」くらいに評価され...... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督)を遅まきながら観る。20年ほど前に実際に訪れた島だ。懐かしさが先に立つ。 [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [BLACK&WHITE]
【Letters From Iwo Jima】2006年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド   出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 クリント・イーストウッド監督による日本側の視点から描いた硫黄島の戦... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [Go Plain!]
ご存知「父親たちの星条旗」と対になっている作品。 私は「硫黄島からの手紙」しか見ていませんけど。 「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッドが手掛けたということで、かな〜り期待して観に行ったのですが…すみません、ちょっぴり期待外れでした(汗....... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [future world]
「父親たちの星条旗」と2部作なのに、前作の余韻もなく、また比べようもないが、評判通りのいい映画だった。 太平洋戦争・・・両親や祖父母から当時の悲惨さ(父は大阪、母は東京在住だったので大空襲で自宅は炎上)はよく聞かされていたが、現地で戦う兵士の方々は当然....... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 LETTERS FROM IWO JIMA [いいかげん社長の日記]
戦争映画は、ちょっと苦手なもので、パスしようかと思っていたんですが、なかなかの評判のようなので、とりあえず観ておこうかと。 というわけで今日は「硫黄島からの手紙 」。 大晦日の「UCとしまえん 」、今日はポイントがたまっていたので、朝10:30の回で鑑賞。... [続きを読む]

» 「硫黄島からの手紙」 [こだわりの館blog版]
? 12/31 丸の内ピカデリー にて 惜しむべくは… 監督:クリント・イーストウッド 原作:栗林忠道、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江、他  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。  アメリ... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙(映画館) [ひるめし。]
アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。 [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [knockin' on heaven's door]
2006年はこの作品が見納めでした♪ Letters from Iwo Jima 『父親たちの星条旗』に続くクリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作の2作目は、日本軍の兵士たちの目線から硫黄島の戦いを描く。 1作目のアプローチとは異なり、大部分が過酷な戦場を舞台に剥き出し...... [続きを読む]

» 「硫黄島からの手紙」名監督からの作品 [再出発日記]
監督:クリント・イーストウッド出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童戦争に現れる多くの悲劇を描き出して見事な映画である。日本人が見てまるきり違和感が無い。まるで日本人が作ったかのような日本の軍隊の実態、自然なせりふ。ところが今までの日本人監...... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima [映画!That' s Entertainment]
「硫黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima」 2006 アメリカ ワーナーブラザーズ、ドリームワークス映画提供       マルパソ・ピクチャーズ&アンビリン・ピクチャーズ製作・作品 141分 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ 音楽:レニー・ニーハウス 原案・脚本:アイリス・ヤマシタ 出演:渡辺謙、二宮和也、井原剛志、中村獅童、加瀬亮、裕木奈江他 新聞の批評で小林信彦も「全員観るべし... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙:メッセージ性と問いかけに満ちた、戦争映画の大傑作! [犬儒学派的牧歌]
★監督:クリント・イーストウッド(2006年 アメリカ作品) MOVIX京都にて鑑賞。 ★あらすじ(... [続きを読む]

» 中村獅童ついに新居に引越し [得ダネ情報サイト]
竹内結子さんと離婚問題で揉めている中村獅童さんが去年の授賞式に出席以来、消息を絶っていて、現在は都内で単身生活。獅童さんは竹内さんと長男の3人で暮らしていた東京・渋谷の高級マンションから家賃約25万円の1LDKに引越したそうです。仕事の方も先細りということ...... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 / アメリカの目線 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性... [続きを読む]

» 硫黄島からの手紙 [いろいろと]
硫黄島2部作の第2弾アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に対し、今回 [続きを読む]

» 心が伝わる短い手紙の書き方 [礼状の書き方【礼状の書き方・手紙例文/文例 情報】]
★心が伝わる短い手紙の書き方【内容情報】心を伝える数々の手紙と、広く応用ができる構成と展開。「お礼」「催促」「通知」など、目的別にすぐ引ける文例集。その手紙でポイントとなるフレーズと言い換え例を紹介。手紙の目的ごとにどういう調子(トーン)で伝えたら...... [続きを読む]

» 「硫黄島からの手紙」とかどうなんだろ!? [今日は何を書こうかな♪]
彼氏との映画館デートの約束が本当に楽しみ♪どの映画にするか、結構悩んじゃいますね~。「硫黄島からの手紙」気になります♪ [続きを読む]

» 映画「硫黄島からの手紙」を観に行きました!! [馬球1964]
この作品はイーストウッド監督、スピルバーグ製作の『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島2部作の第2弾です。 [続きを読む]

» 『硫黄島からの手紙』 [京の昼寝〜♪]
世界が忘れてはいけない島がある ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島�... [続きを読む]

« トランジスタと私は同い歳 !! | トップページ | 豚の貯金箱と広島カープ »