フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« テニススクールの年代分布 | トップページ | 亀さん寄稿「浅草の新名所・伝法院通り」 »

2006年10月19日 (木)

テニスコートの種類

いろいろなコートの種類》ーーー健康ネット小辞典より

1) クレイコート 簡単に使えるコートとして、日本でもっとも多いのがクレイコートです。コートコンディションをベストの状態に保つことが大変難しく、天候に影響されやすいのが欠陥です。素材は荒木田土(相撲の土俵などに使われている)で、プレーヤーの脚、腰への負担が少なく、疲れが少ないという良い点もあります。
2) グラスコート 短く刈り込んだ芝生のコートで、ローンコートとも呼ばれ、全英オープンが行われるウィンブルドンが代表的なコートです。気象条件などの要素の他、使用度数に限度のあることやメンテナンスに難しさがあります。
3) アンツーカコート フランスで開発されたもので、ケイ酸分の多い陶土を人工的に熱焼した砂粒-アンツーカーで覆ったクレイ系のコートです。水はけが良く、水持ちが良いことが知られています。全仏オープンの行われるローランギャロが代表的なコートです。
4) 全天候コート アスファルト舗装やコンクリート舗装をベースとしたほとんどメンテナンスのいらないコートです。アスファルト舗装にアクリル樹脂をコーティングした全天候ハードコート(全米オープン)や、ゴムチップウレタンにアクリル樹脂をコーティングした全天候ソフトコート(全豪オープン)、コルクの入ったアスファルト舗装にアクリル樹脂をコーティングした東京の有明コロシアムなどの例があります。

« テニススクールの年代分布 | トップページ | 亀さん寄稿「浅草の新名所・伝法院通り」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/12339612

この記事へのトラックバック一覧です: テニスコートの種類:

« テニススクールの年代分布 | トップページ | 亀さん寄稿「浅草の新名所・伝法院通り」 »