フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 久米社長のお話 | トップページ | 日経新聞連載「世界を創った男、チンギスハン」 »

2006年6月 4日 (日)

映画ダビンチコード

 話題の映画、ダビンチコードを新宿の映画館で見てきた。

評判倒れかと心配していたが、映画としては結構面白かった。

 カトリックの人が聞いたら怒りそうな話「マグダラのマリヤは

キリストの妻で、子供が生まれており、子孫は今も生きている」

が、映画の背景として流れている。映画の最後に、主人公に

語らせているように、信じるか信じないかは、各個人の自由。

 なお、私自身は浄土真宗であり、これについては野次馬的で

ある。この微妙な点がある映画に、日本の映画館がアベックで

満員なのは、キリスト教の教義に拘らない国民性を現している

のかもしれない。

« 久米社長のお話 | トップページ | 日経新聞連載「世界を創った男、チンギスハン」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177803/10393497

この記事へのトラックバック一覧です: 映画ダビンチコード:

« 久米社長のお話 | トップページ | 日経新聞連載「世界を創った男、チンギスハン」 »